無料ブログサービスでは集客効果が低い理由

2020年9月20日

自分のビジネスの宣伝や集客目的でブログを書いているのに、思ったような集客効果が出ない原因として多いのは

・無料ブログサービスを利用している
・SEO対策の知識が無い

の場合がほどんどなんです。

実は無料ブログサービスには、無料で利用出来る代わりに、ビジネスに弱くなってしまう、「大きな落とし穴」が存在しています。

無料で利用出来る事が落とし穴

無料ブログサービスは、なぜ無料で利用出来るのでしょうか?

答えは簡単、利用者に無料でサービスを利用して貰う代わりに、あなた個人の影響力や、あなたが書いた記事に広告を載せたい個人や企業から、広告収入を得ているから。

でも、影響力が高いのは知名度が高い一部の特別な人ですよね?

影響力はすぐには手に入らないので、記事の内容で勝負する事になると思いますが、広告主があなたの記事に広告を載せたいと思うのは、どんな記事が書いてある時でしょうか?

あなたが広告主なら、ビジネスの宣伝をしている記事にお金を払って広告を載せたいですか?違いますよね。

察しの良い人ならもうお分かりかと思いますが、無料ブログサービスで運用する場合に重要視されるのは、記事に広告が付ける価値があるかどうかを見られている、これが「大きな落とし穴」になっています。

独自のシステムで順位を決めている

さらに厄介な事に、広告主が載せた広告の効果を高くするために、各サービスが独自でランキングを付けるシステムを導入しています。

このシステムにより、「良い記事」ではなく、「広告が見られる記事」が優先されています。

つまり、Googleなどの検索順位と無料ブログサービス独自の検索順位の2つの掛け算で順位が決まっている事になります。

あなたが一生懸命に記事を書いても、Googleなどでの検索で検索結果に全然出てこない理由がここにあります。

無料ブログの場合、広告が付いている事がほとんでですが、その広告はあなたの書いた記事を読んだ人がクリックしそうな広告ですか?

きっと違うと思います。

Googleの評価自体が低い

Googleなどの検索エンジンで検索順位を最適化して検索順位を上げる手法をSEO対策と言います。

そのSEO対策の中に、ドメインパワーと言うものがあります。

ドメインとは〇〇.comや〇〇.co.jpなど@マークの後に付く文字です。

例えば私のサイトでは、
「photo-compx.com」
がドメインになります。

ドメインパワーに関するGoogleのSEOのガイドラインの中に、「同じドメインの中でこれに注意」と明記している内容がいくつかありますが、無料ブログがSEOの評価を下げている項目があります。

・一貫性を保つ
・類似するコンテンツを減らす

つまり、無料で誰でもブログを始められるので、複数のジャンルや似たジャンルが存在する事になります。

例えるなら、マンションには色々な名字の人や同じ名字の人が存在しますが、一戸建てでは名字は1つの場合が多いですよね。

こう言った事からも、どうしても一貫性と類似を減らすが難しいのが、無料ブログサービスなのです

ビジネスブログなら無料ブログはNG

以上のことから、ビジネスブログを書いて集客したいなら無料ブログはデメリットが多過ぎるので、全くおすすめ出来ません。

同じ理由で、ブログアフィリエイトなどで広告収入を得たい、ブログで稼ぎたい場合も同様です。

おすすめは断然!独自ドメイン+WordPress

無料ブログがデメリットばかりで、ビジネスに向いていない事は分かった、でもどうしたら良いか分からない。

現時点でダントツにおすすめなのが、

独自ドメイン+WordPress

の組み合わせです。

無料ブログサービスの弱点をほぼクリア出来る上、SEOに強く少し勉強すれば初心者でも簡単に運用する事が可能です。

独自ドメイン+WordPressを導入している代表的な企業として

・オリエンタルランド(ディズニー)
・クックパット(レシピ)
・価格.com(価格比較)

などがあり、運用実績と効果が高い事が分かると思います。

知っているだけで効果が変わるSEO対策

SEO対策と言われても良く分からないし、難しい専門知識が必要だと思っていませんか?

もちろん難しい専門知識が必要な部分もあります。

しかし、知識のある人にお願いして最初に設定してし貰えば、継続的に対策して行く必要がない部分も多いので、安心して下さい。

 

シェア