マウスの使い過ぎで手首が痛い方におすすめ

2020年6月30日

Twitterでつぶやいた、私が気に入って使っているトラックボールマウスについてご紹介します。

トラックボールマウスとは?

トラックボールマウスとは、その名の通りマウス自体を動かさずに、ボールを回転させてカーソルを動かすマウスです。

手首にやさしい理由は?

通常のマウスで手が痛くなるのはなぜ?

通常のマウスの持ち方には、大きく3種類あります。

①かぶせ持ち 手全体をべたーっとかぶせたような持ち方
②つかみ持ち かぶせ持ちから、人差し指と中指を立てた持ち方
③はさみ持ち 親指と薬指 or 小指でマウスを挟む持ち方

いずれも手首を動かしてカーソルを移動させますので、長時間のパソコン作業で手首が痛くなり、最悪の場合腱鞘炎になります。

トラックボールマウスはなぜ手首に優しいの?

通常のマウスと違いカーソル操作い手首を使いません。
手首は固定した状態で使用し、トラックボールを回転させてカーソルを動かします。

手首を動かさないので、当然手首への負担は少なくなります。

どんな種類の物があるの?

親指ボールタイプ

親指部分に内蔵されたトラックボールを、親指で操作します。
右クリックと左クリックは、通常のマイスと同じ人差し指と中指を使うので、慣れるまでの時間が短くて済みます。

クリック操作に通常のマウスと同じ指を使うので、違うマウスを使う時に混乱が少なくて済みます。

人差し指ボールタイプ

人差し指部分に内蔵されたトラックボールを、人差し指で操作します。
右クリックが中指、左クリックが親指になる場合が多く、スクロールホイールも親指部分に来るので、操作に慣れるまで時間がかかります。

親指よりも人差し指の方が細かい操作が可能ですが、ボタン配置が独特なので通常のマウスを持った時に違和感が生まれます。

腱鞘炎や肩こりが気になる方には特におすすめ

シェア